青年経営者全国交流大会実行委員会 活動方針(特別委員会)

青全交実行委員長 小坂 洋平

 

《 スローガン 》

『KYOSO ~ 共創・競争』

~ 皆で創る日本一の学びの場 ~

《 活動方針 》
青全交実行委員会の役割は、青年経営者全国交流会の京都代表として、京都同友会はもちろん、全国の部会員にも最高の学びや気づきの場を提供する分科会を設営することです。青年経営者全国交流会(青全交)とは、全国から選ばれた青年経営者が一堂に集う場です。参加費を払って、学びたいと思っている志の高い全国の経営者に学びを提供しなくてはなりません。

そのために、本来は順位を競う場ではありませんが、良い報告創りは良い結果へ繋がると信じ、活発な委員会活動を通じて2021年度の評価1番を目指します。

社業でも掲げにくい日本一という高みを目指すことで部会員、報告者・座長が社業、同友会活動共により高い目標に向かい発展していく一助とします。

また、全国の仲間と切磋琢磨する中で、京都も活発になり京都から日本の中小企業に光を送ります。全国の仲間と正面から徹底的に関わる事を学び、社内でも実践する事で、自社の未来を切り開きます。

京都同友会青年部会は、岐阜青全交分科会の設営と青全交への参加を通して、多くの学びと気づきを得ると共に、京都の魅力・良さを全国に発信し、全国の仲間に恩送りをすることで、日本の中小企業の未来が明るくなることを目指します。

2021seizenkou

 

《 活動内容 》
・青年経営者全国交流会の分科会を京都代表として担当
2021年 9月 9~10日の岐阜青全交の分科会を、京都同友会青年部会で設営します。

 

《 委員会運営方針 》

・委員全員が参画意識を持つ委員会運営を目指す。
「学びの同友会」を体感し共有できる最高のチームを作る。
委員会メンバー同士深く交流し、京都同友会青年部の一員として意識出来るきっかけとなれるチームを作ります。

・報告者・座長のサポート。
委員会メンバーは、報告を理解し、励まし、時には厳しい意見も出し、全力のサポートをします。

報告者・座長について。
自分達の一番の学びの場と捉え、共に過去を振り返り、整理し、未来への活路を考え、最後まで考え抜き、委員会メンバーにも頼り、最高の報告を作ります。

2021seizenkou2

 

青全交実行委員長 小坂 洋平