渉外委員会 活動方針

渉外 臼井庸浩
 
《 スローガン 》

『Challenge to our limits.』

~限界に挑戦せよ~

 
 

《 活動方針 》
・自身で限界を決めず、その先への挑戦をします。
・京都という枠組みに捉われず、全国の中小企業家の良い所を吸収し発信します。
・青年部会員が成長できるよう、全国の素晴らしい経営体験を披露できるよう渉外活動に尽力します。
・部会外において、京都中小企業家同友会青年部会の存在と活動を多くの中小企業経営者の方々に知って頂き、京都同友会及び青年部会の例会等にも足を運んで頂けるような渉外活動を行います。
・良い会社をつくろう、優れた経営者になろう、経営環境を改善しようのスローガンの元、常にそれを意識し、青年部会活動に能動的に取り組んで行きます。

《 活動内容 》

・近畿圏サミット・オリエンテーションへの参加
近畿圏サミットは近畿圏の青年経営者と多く触れ合える非常に有意義な機会です。また近畿圏合同例会も開催されるため、その設営の一部を担う事もできます。京都の枠組みに捉われず、近畿圏の青年経営者と共に一つの事業を成し得ることは自身及び自社の大きな成長の一助となります。よって積極的に近畿圏サミットに参加します。またオリエンテーションについては、ゲスト様、青年部会未入会の本会会員の方も多数いらっしゃいます。そういった方々に青年部会の良いところを周知し、青年部会に興味を持って頂き入会へと繋がるよう渉外活動を行います。

・部会外事業・近畿圏合同例会・青年経営者全国交流会・年年歳歳青年団体会議等呼びかけ及びとりまとめ
対外的な活動についての参加促進や魅力発信を行います。近畿圏合同例会や青年経営者全国交流会等々、近畿、全国規模の例会が毎年開催され、そこには多くの青年経営者が参加されます。自身とは違った視点の経営者と議論を交わすことにより、多くの学びを得るチャンスが生まれます。常に向上心を持ち、多くの出会いから多くの学びを得られるような機会を提供すべく、対外活動の魅力をしっかり発信し、多くの部会員が意義をもって様々な場面に参加したいと思えるように情報発信及び取りまとめを行って行きます。

・例会の開催(1回)
他府県から同じ青年経営者をお招きし、京都にいては体験できない経営体験報告を行います。日頃、同じ青年部会の仲間からも様々な刺激を受け、自社の経営に活かしているところではありますが、そこから更に一歩踏み出し、日頃では出会うことの無い経営者の仲間からも多くの学びを得ます。青年部会に所属していなければ絶対に出会うことの無かった他府県の青年経営者の報告を通して、自身、自社の成長へ繋げます。また全国事業に参加する事が困難な青年部会員のためにも他府県から報告者をお招きします。

・MLの活用
委員会内の情報共有のためのML活用は元より、渉外活動を通して得られた情報等を積極的に青年部会全体MLに発信し、多くの情報及び知識の発信に努め、青年部会員の成長の一助となる様に取り組んで行きます。

《 委員会運営方針 》
私たちは、渉外活動という新たな出会いから、今までの自分を振り返り、顧みることで新たな自分を見つけられるように尽力します。そしてその新たなステージへと挑戦できる場や知識を青年部会にも提供し、ひとりでも多くの部会員が成長を遂げ、自身及び自社の大いなるステップアップへ繋げられるよう、一人一人の渉外委員が委員会活動に積極果敢に取り組んで行きます。

渉外委員長 臼井 庸浩