渉外委員会 活動方針

渉外委員長 三輪 幸徳

 

《 スローガン 》

『CHANGE YOURSELF!』

~ 学びを取り入れ体現し、新たな価値を生み出そう ~

《 活動方針 》
今年の渉外委員会のテーマは、「学び」、そして「CHANGE!!」です。

コロナショックにより我々地域企業にとっても、外部環境が大きく変化しました。しかし、それは考え方次第で、千載一遇の変革のチャンスとも捉えられます。
青年部会渉外委員会は、青年部会や京都同友会・そして、近畿圏や全国の仲間と共に、
『GAME・CHANGER』~環境の変化をチャンスとする挑戦者~ を目指します。本気本音で関わりながら、共に「学び」、互いに成長した先に、本当の仲間が出来ます。そして、絆が深まることで、本年度部会方針「深め合え絆」を実現します。

この1年も、更なる外部環境の変化が、我々を襲うかもしれません。その中でも、ビジョンや理念を軸に据えながら、自分自身や自社の在り方は、「CHANGE!!」し成長し続ける。その結果として、新たな付加価値を生み出し、地域や社会に貢献する。しなやかに、時勢に応じて形を変えながら、勇気を出して羽ばたき、「学び」続ける委員会活動を実施します。

WE CAN CHANGE!!
大きく学び、自社に持ち帰り、体現する1年としましょう。

 

《 活動内容 》
例会のZOOM・リアル開催は、時勢に応じて判断する。

・渉外例会 (年間1回)
他府県の経営者を報告者として招き、自社を成長させた経営者の経営体験談を報告して頂き、部会員が自社に持ち帰ることのできる、例会を設営する。

・昼食例会の開催(年間1 回)
委員会内より報告者を選び、 昼食例会を行う。共に学ぶ青年部会の仲間の事を深く知ることで、より仲間に興味を持てる機会を創出する。

・オリエンテーションへの参加
本会オリエンテーションステップ1に参加し、青年部会活動の発信や、部会員の増強に繋げる。

・渉外業務:近畿圏サミットへの参加
近畿圏サミット参加府県会員との交流を深め、他府県の例会等の情報を京都青年部会に、京都青年部会の情報を、他府県に発信する。ZOOMを用いた例会が増えたことにより、学ぶ機会が増えることから、学びの場を漏れなく部会員に伝える。

・他都道府県・青年部会との交流を深める
定期的に、小単位人数で、他都道府県の青年部会メンバーを訪問し、新たな繋がりや仲間を増やし、外からの学びの裾野を広げる。

・部会外事業の参加呼びかけ・とりまとめ
各委員会と連携し、近畿圏合同例会・青年経営者全国交流会・年年歳歳青年団体会議の、参加呼びかけ取りまとめ、および内外への発信を行う。他都道府県の各渉外担当との連携を密にとり、情報を共有する。

・石川同友会青年部会との合同例会の実施(ZOOM開催)
北陸地方の青年部会との繋がりを深める礎として、石川同友会青年部会との合同例会を実施する。両府県に報告者を立て、学びの場とする。

・近畿圏合同例会IN 大阪への取組み
渉外活動により得た近畿圏青年部の魅力を発信し、近畿圏合同例会への参加動員を促す。
 

《 委員会運営方針 》

  • 議事録や議長は、一部の委員会メンバーに偏らず、公平に役割を分担します。
  • 幹事ごとに、声掛け担当を決めて、近況を確認するとともに、委員会の参加を促します。
  • 主体性のある方には、積極的に役割を提供し、成長のきっかけとして頂きます。
  • 部会員の現状に寄り添い、1人ひとりの学びを意識した委員会運営を実施します。

 

渉外委員長 三輪 幸徳