広報委員会 活動方針

hitomi
 
《 スローガン 》

『FUN!楽しいは無限大』

~一期一会の出会いに感謝して~

 
 
《 活動方針 》

  • 楽しい(FUN)とは、ただ楽しければ良いという意味ではありません。目の前の課題を乗り越える事を楽しみに変え、楽しい気持ちで乗り越えていきたいという想いからです。楽しい気持ちは自然と興味や関心を持つ事ができたり、意欲的になれる魔法だと感じます。主体的に活動する事で仲間との繋がりが深くなり、より多くの魅力を青年部会外へ発信できるようになります。
  • 初めて出会う人はもちろん、既に知っている人をより深く知ることも「新たな出会い」と捉え、一つ一つの出会いを大切にします。
  • 部会内では、青年部会活性の為、各委員会活動の内容を青年部会全体に伝え共有します。その為に青年部会活動を皆で楽しみ、仲間との繋がりを感じる事ができるようにします。
  • 部会外では、より多くの魅力溢れる青年部会になる為、京都中小企業家同友会青年部会の活動をたくさんの中小企業経営者や幹部社員の方々に知ってもらいます。その為に部会外の方に興味をもってもらえるような広報活動を行います。

《 活動内容 》

  • 広報例会 年1回

    青年部会の魅力である同世代の仲間との出会いを、より多くの経営者や幹部社員の方々に感じてもらえる様設えます。青年部会員はもちろん、青年部会外の方も興味を引くようなわくわくする例会を目指します。

  • 新たな仲間拡大に向けた広報活動

    広報委員会だけでなく他の委員会とも協力していく事で、新たな広報活動を見出していきます。

  • 青年部会ホームページの運営

    インターネット上の青年部会の顔として、相応しいページになる様運営します。

  • e.doyu活用に向けた部会員への認知活動

    全会員が活用でき、特に入会したての会員がスムースに利用できる様活動します。

  • 本会広報委員会への参加

    青年部会は本会の中にある一部会だという事を理解し、本会広報委員会と協力をしていく事で、同友会としての広報活動を大切にします。

  • ジャーナル(YOUJOINT)への投稿

    ジャーナルを手に取った方に青年部会活動の魅力が伝わり、興味を持ってもらえるよう投稿していきます。

《 委員会運営方針 》

  • 楽しい(FUN)を合言葉に、気さくな委員会活動を目指します。
  • 広報委員会活動を通じて仲間との繋がりを感じる事が、自社や自身の成長に繋がると信じて、気づき・学びのある委員会活動を目指します。

広報委員長 人見 康治