研修委員会 活動方針

研修委員長 高木 善也

 

《 スローガン 》

『フルスイング!』

~『全員主役』の研修委員会 ~

《 活動方針 》

昨年から続くコロナ禍でめまぐるしく状況が変わる昨今、青年経営者として日々の変化に応じた目標設定と実践をしていかなければなりません。弱気になっていても何も始まりません、今こそ勇気をもって新たな一歩を踏み出す時です。諦めずに挑戦した人間にのみ新たな道を拓くことができます。状況が良くなることを待つのではなく、今できることを青年経営者らしく「フルスイング!」しましょう。

今期の研修委員会は、青年部会の全員が社業でも、青年部会活動でも「フルスイング!」できるために、自身と自社の成長に繋がる活動を行います。

委員会や例会の設営に携わる全員に役割を与え、例会の参加者の方には社会や社業においての自身の役割を確認・発見して頂き、関わった人全員が当事者意識を持った「1人ひとりが全員主役」の委員会活動を実践します。

 

《 活動内容 》

・研修例会(経営体験報告)の開催(年1回)
部会内から報告者を選出し、仲間の経営や想いを深く知り、それを通じて自身の役割を確認・発見できる場を作ります。また、一人でも多くの方に仲間が報告する例会に参加して頂けるよう尽力します。

・グループ長研修の開催 (年1回)
例会参加者の満足度向上には質の高いグループ討論が必要不可欠です。グループ長の役割や心得を理解し、楽しくかつ活発なグループ討論をして頂けるようなグループ長のスキルアップ研修を行います。

・昼食例会の開催(年1回)
部会内から新会員を優先して報告者に選出し、報告を通じて新たな仲間のこと知ることにより、仲間の人となりや事業内容やビジョン等を知って頂く機会を作ります。また報告者の新会員に対して委員会内でプレ報告も実施し、青年部会の今後の活動の繋がりや経験を積むことも目的とします。

・オリエンテーションへの参加
会員オリエンテーションステップ1に積極的に参加して同友会の歴史や理念を学ぶと共に、青年部会活動の魅力を伝え青年部会に興味を持って頂けるよう働きかけ、入会のきっかけとなる例会参加を促します。

・近畿圏合同例会IN大阪への取り組み(グループ長研修開催)

  1. 大阪開催のグループ長研修の参加は、京都開催では学ぶことのできない、グループ長の知識・技能を京都青年部会及び自社に持ち帰ることができます。
  2. 近畿圏合同例会への参加は、京都青年部会での自身の学びをアプトプットし、新たな価値観をインプット出来ます。

この2つは、学びの場を京都に限定しないことから得られる自身の成長です。近畿圏合同例会を通じて一人でも多くの人に体感してもらえるように、参加を促します。

 

《 委員会運営方針 》

・委員会一丸となって例会の設営を実施
スローガンを実現するべく、幹事の中から例会ごとに設営のリーダーとして担当幹事を選出します。また毎月の委員会の会議の内容や出席率を重視し、まずは委員会内から盛り上げていくことで、例会の成功に繋げます。
例会設営にあたり委員会メンバーのたくさんの意見を集約し、関わる全ての人が参加してよかった、楽しかった、学びや気付きのあったと言われる例会の実施を目指し、委員会メンバーが1人1役を必ず全うし、全員が例会の成功に向けた委員会活動を行います。

  1. 委員会出席率の向上
    研修委員会では毎月の委員会の出席率を重視します。委員会内での活発な意見交換や仲間作りを行うことで、その先の例会作りの成功と自身の成長へ繋げます。
  2. 例会設営の分業化
    幹事や活発な会員のマンパワーに頼った設営をするのではなく、「1人ひとりを全員主役」にするために、「報告者のオファー、フォロー」、「参加動員」、「設営準備」、「広告物デザイン」など、担当幹事以下は極力1人一役に集中して頂き、チームプレイで例会作りを行います。
  3. 新会員の青年部会への定着
    新会員へ優先的に役割を任せるとともに、幹事や先輩会員がフォローを行い青年部会への定着化を図ります。
  4. 会員に向けての委員会の動員
    幹事については委員会員の誘い掛けやフォローなど1人1人担当者を決め、委員会・例会への誘い掛けや情報共有を行うとともに出席率向上と青年部会への定着を目指します。

 

研修委員長 高木 善也