2021年度 青年部会 活動方針

幹事長 臼井 庸浩

 

《 スローガン 》

『深め合え絆』

~仲間がいるから成長できる!!!~

《 部会方針 》

2020年、新型コロナウイルス感染症という見えない脅威により、全世界が未曽有の危機に直面し、その影響はまだまだ人類にとって大きな影を落とし続けています。そんな中スタートを切った2020年度青年部会でしたが、新型コロナウイルスの影響は大きく、その脅威に抗うことは困難であり、成長しなければならないはずの我々青年経営者の成長の歩みを止めてしまったものがありました。青年部会活動という私たちの大切な活動の場を失い、新たな試みとしてITを活用した活動も模索をしました。しかしながら、やはり実際に人と会い、共に活動を行い、そんな中で育まれる関わりを越えるに至ることは非常に困難を極めました。

しかし誰一人として今のままで良いと考える青年部会員はいません。こんな時だからこそ、青年部会員の仲間で手を取り合い、関わり、繋がることでこの困難を乗り越え、新たなステージへと進んでいく必要があります。青年部会とはそういったことを可能にする人たちの集まりです。2021年度は失った多くのものを取り戻すだけでなく、そこから更に高みを目指して全部会員が一丸となって前へ進めるよう取り組んでいきます。

2021年度のスローガンである『深め合え絆』は、今一度、青年部会を通じて出会う仲間と共に時間と空間を共有し、一人で生きているのではなく、自身に関わる全ての人と共に生きているということを再確認し、より豊かな人生を送ることのできる本気本音でぶつかることのできる一生涯の仲間を創ることを目的とします。

また今や日本全国の中小企業家同友会に青年部会が存在します。近畿圏の青年部の仲間はもちろん、中同協青年部連絡会にも全国の青年経営者が多く参加し、日本全国垣根を超えた成長と学びの場が提供されています。『深め合え絆』は自身の置かれた見える範囲の絆にとどまらず、外の世界へ一歩踏み出す勇気を持ち、より多くの絆を自らの手で掴み取りにいくという意味も込めています。井の中の蛙にならず、より外の世界に視野を広げ、自身の成長と共に自社の成長、そして自信に関わる全ての人の幸せを追求していきましょう!!!

さらに今年度は2030年ビジョン創設の年でもあります。2030年ビジョン達成に向けて新たな青年部のスタートとなる記念すべき年度です。我々経営者や経営幹部は常に5年先、10年先を見据えアクションを起こしていかなければなりません。そんな青年経営者の指針にもなる2030年ビジョンを常に念頭に置き2021年度は活動を行っていきます。その中にはもちろん多くの達成目標が設定されます。その目標を達成するためには何が必要なのかを部会員同士で語り合い、成長までの軌跡を共に歩み、目標達成の喜びを共に分かち合うことで絆を深め合っていきます。

最後に青年部会員数の拡大についてです。新型コロナウイルス感染症による未曽有の危機に直面しても部会員数に関しては大きな減少とはなりませんでした。ここには今まで深められてきた絆があったことで、多くの仲間が関わり合い、この困難を乗り越えていったからではないかと思います。そしてこの困難をさらに乗り越えていくため、2021年度の部会員数は170名を目指します。出会いの多さだけそれぞれの考え方があり、学びがあります。それらを一つ一つ丁寧につなぎ合わせていくことで更なる成長へと繋げることができます。そしてひとつでも多くの絆を生み出し、青年部会員の人生において青年部会はなくてはならない存在に昇華させていきます。

青年部会を卒業するとき『青年部会にいてよかった。最高の仲間と出会えたことで自分の人生が豊かになった。』、そう言える青年部会をみんなで創り上げていきましょう!!!

《 活動方針 》

  1. 組織・研修・渉外・IT広報・KIZUNA・活性拡大委員会の6委員会とします。委員会活動を青年部会活動の基本的な拠点とし、「全会員委員会登録」とします。各委員会の事業だけにとらわれず、全委員会が協力し青年部会の活性を目指し運営・活動します。
  2. 幹事会を総会に次ぐ決定機関として、部会方針に則り審議を行います。幹事が役割をしっかり認識し、協議、審議、承認された内容を部会全体へ周知させます。
  3. 「青年部会方針 深め合え絆」を指針として活動を行うと共に、掲げた目標を達成すべく具体的に活動していきます。
  4. 青年部会活動と自社や自身の活動は不離一体であり、青年部会活動を通じて学んで実践を遂行し、さらなる高みを目指します。
  5. 部会員の報告機会の創出と報告者の成長及び、部会員の成長の場を提供するため、石川県青年部会、さらには滋賀県青年部会と共に合同例会を行い、京都単体ではなし得ない成長過程を共有します。
  6. 新型コロナウイルス感染症の影響により延期された年年歳歳京都青年団体会議の主幹団体として、新たな形を模索し、全青年部会員が積極的な運営と参加をします。また青年部会の例会として位置付けます。
  7. 岐阜にて開催される青年経営者全国交流会を部会の例会とし、全青年部会員が積極的な運営と参加をします。また京都同友会より報告者を輩出し、部会で分科会を設営することを目指します。なお、それにともない準備運営を目的に青全交実行委員会を設置します。万が一、報告県に選出されなかった場合においては自県において代替例会を行います。
  8. 総会において発表された2030年ビジョンをもとに、青年部会全体でそのビジョン達成のために取り組み、行動します。

 

2021年度 幹事長 臼井 庸浩