KIZUNA委員長 活動方針

KIZUNA委員長 松居 良

 

《 スローガン 》

『打つ手は無限』

~ あなたの認知度、100%計画 ~

《 スローガン作成にあたって 》

現在このコロナ禍の中、何が出来るのか?通常であれば出来ることは限られているのではないか?そんな概念が漠然と当初ありました。
ですが、色々と考えていると、アイデアがボツリポツリと浮かんできて、事業と同じで、考えれば考える程、なんか面白い事できそう!!とワクワクに変わっていき、これを KIZUNA委員会の全員で考えたら、かなり面白そうな事ができるやん!?
と今まさにワクワクしている状況です。
その為には、まず「打つ手は無限」と委員会メンバーが共通認識して下さい。
そして、部会員の人数は増えていますが、繋がりが薄い今こそ、委員会メンバーも含め、部会員一人一人の認知度を上げて何かのきっかけや繋がりになってほしいと思い、このスローガンにしました。

 

《 活動方針 》

  • 打つ手は無限、部会全体の活性&交流を図り、部会員の名前と顔と職業を一致させる
  • 多くのきっかけを創出し、青年部の部会員同士を極太の絆で結ぶ。
  • 同友会活動は家族と不離一体を部会員全員で共有する

 

《 活動内容 》

・KIZUNA例会(年2回/部会員・ファミリー1回ずつ)
部会員のみの例会では、知っているようで知らない方も多く居るかと思いますので、参加者の認知度を100%に持っていく方法を考えて、設営致します。
ファミリー例会では部会員の事は知っていても、その家族は知らない方も多いはず!家族ぐるみで絆を深められる例会を設営致します。もちろん、お一人様OK!!

・昼食例会の開催(年1回)
新人紹介になりつつ有る、昼食例会ですが、従来の選定方法には囚われず、認知度を100%にしたい人、及びなりたい人を選定し例会を開催致します。

・この指企画(年3回)
今この状況だからこそ出来る企画を考え、スローガンである「打つ手は無限」を体現し、参加者同士の認知度100%を目指します。

・オリエンテーションの参加
特に会歴の浅い方を中心に、参加を致します。

・近畿圏合同例会IN大阪への取り組み(主に部会員とゲストの動員)
他府県の方との絆を深めるべく、参加を致します。

 

《 委員会運営方針 》

  • 出席率80%以上を目指す。
    委員会が、楽しい、学びがある等、自然に委員会メンバーが集まる委員会運営を目指します。
  • 意味の有る委員会会議を。
    毎回の委員会の目的を明確化し、流れで会議を行うのではなく、目的や目標、達成具合等を委員会メンバー同士で共有し、意味のある会議を行います。
    また毎回改善していき、最終的には最善の会議方法を習得します。
  • 最高の絆を作る。
    委員会メンバー同士は、互いの事を深く知り、忖度無しの意見を出し合い、互いに極太の絆を結んだ仲間作りに努めます。
  • TTPO。
    他の委員会にも、オブザーブで積極的に参加し、会議の方法や、部会員の巻き込み方など徹底的にパクって、追い越します。

 

KIZUNA委員長 松居 良