交流委員会 活動方針

交流委員長 人見 康治
 
《 スローガン 》

『あなたはひとりじゃない』

~一生涯の仲間がここにいる~

 
 
《 活動方針 》
社業もプライベートも全ては人との関わりから始まります。様々な人と交わり輪を広げていくことで、社業も人生もより発展していきます。

同友会青年部会は様々な個性や価値観を持ったメンバーが集まる組織です。
ただ、沢山のメンバーがいる中で、日頃接点も少なく繋がりが浅いメンバーもまだまだ多いと感じます。

自身や自社の成長・発展に繋げていく為には、自ら積極的に相手と関わらなければなりません。ですがせっかくの機会であっても場に馴染めない、足を運びにくいとなってしまっては青年部会での活動を活かすことができません。

そこで交流例会では、いつもより相手にもう一歩踏み込んで話し合あえる場を設えます。普段の相手と異なる一面を互いに引き出し合い、本気本音で話せる深い関係を築く事で、心から讃え合える一生の仲間を増やします。

心から話し合える仲間を一人でも増やして「本音で話ができる仲間が増えて良かった」「仲間のおかげで自身も自社もより良く変わる事ができた」。そんな「青年部会の仲間のおかげで…」と感じられる仲間づくりを目指します。

また私たちの活動には志を共にするメンバーだけでなく、日々応援して下さる家族の方からの支えもあり成り立っています。そういった方々に広く感謝の気持ちを伝えることも重要であり、同友会での活動を理解して頂く事でさらなる仲間同士の繋がりや青年部会の発展を目指します。

《 活動内容 》
・年2回の例会を設営し開催
~6月は仲間との絆を深めることができる例会~
同友会活動のベースキャンプとも呼ばれる委員会活動。その委員会での取り組みがより良いものになるかどうかは、普段から関わる仲間との絆が大切です。この例会ではそんな無くてはならない絆を大切にし、委員会ひいては青年部会での絆を深める企画を設営します。

~1月は家族へ感謝の気持ちを伝えることができる例会~
日頃、青年部会活動へ参加することに協力してくださる家族に改めて感謝し、部会員と家族の交流を深めるきっかけをつくります。参加される家族により一層同友会青年部会への理解を深めてもらえる場を設け、そこで家族だけの集まりにせず、参加した部会員皆が楽しめる企画を設営します。

・オリエンテーションへの参加
              
・40周年事業への取組み(懇親会、二次会等)

《 委員会運営方針 》
・「面白くなければ交流委員会じゃない!」を合言葉にまずは委員会活動を皆で楽しみます。
・青年部会が楽しい。気づき・学びになるのは仲間のおかげだと感じられる活動にします。

交流委員長 人見 康治